自律神経失調症とうつ病はどう違う?原因と症状の違いについて

自律神経失調症は、身体的にも精神的にもさまざまな不調があらわれる病気です。その症状は多岐にわたるため、他の疾患と誤認されることが多い病気ですが、その一番の例として、うつ病があげられます。

 

どちらも、主にストレスが原因で発症するとされていますが、自律神経失調症は心因的な要因が引き金となって起きる、体の病気であると言われていて、うつ病は、脳内神経伝達物質の分泌の異常である病気とされています。

 

 

うつ病と自律神経失調症の違い

 

自律神経失調症とうつ病は、症状はとてもよく似ていますが、まったく異なる病気なのです。症状は似ていますが、別の病気であることは確かで、大きな違いは、精神状態が病的なものなのか、病気なのかという点にあります。

 

このような精神的な異常というのは、目で見て判断することができないため、素人はもちろん、見極めることはとてもむずかしいものの、うつ病は心の病気、いわゆる精神障害になります。

 

対して、自律神経失調症は、精神的な症状があらわれはするものの、原因は、自律神経の乱れ、交感神経が優位になった状態が続いていることによる病気ですので、はっきりと違う病気と言えます。

 

 

うつ病の症状と特徴

 

うつ病は、不安感や焦燥感、抑うつや絶望感などによって、行動や思考が抑制される、心の病気です。わけもなく落ち込んだ気分が続き、何もやる気が起きない、何事にも無関心になるといった症状があらわれるのが大きな特徴です。

 

また、こうした精神的な症状のほかに、睡眠障害や食欲不振、倦怠感や頭痛といった身体的な症状もあらわれます。うつ病では、物事を悪い方向に考える傾向がみられ、最悪の場合は自殺に走ってしまうケースもあります。

 

このような、うつ状態は、自律神経症状の代表的な症状のひとつですので、どうしても自律神経失調症と誤認されることが多いのですが、うつ病の場合は心と体の両方のエネルギー状態が極度に低下するのが特徴です。

 

 

また、朝方に強く症状が出て、夕方になると治まるというのも、うつ病の特徴です。また、うつ病にはいくつか種類がありますが、その中に、仮面うつ病というものがあります。

 

これは仮病という意味ではなく、身体的な症状が前面に出てきて、精神的な症状が軽度であることから、身体の病気の仮面をかぶった、うつ病という意味でそう呼ばれています。

 

自律神経失調症のうつ病の違いって?関連ページ

自律神経失調症とは
自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか。
自律神経失調症の原因は?
自律神経失調症になってしまうのは何が原因なのでしょうか。ストレスがひどい?もしかして、もともと自律神経失調症になりやすい性格ってあるの?
自律神経失調症とパニック障害
自律神経失調症と同様に、ストレスが原因と考えられているパニック障害ですが、この2つの病気を併発という場合が多いようです。症状から考える、2つの病気の関係性とは・・・
自律神経失調症は遺伝する?
自律神経失調症の原因で遺伝はありえるのか?自律神経失調症の親から、病気自体がそのまま遺伝することがあるのでしょうか?
子供の自律神経失調症
子供には縁のなさそうな自律神経失調症ですが、現代ではそうでもないようです。原因はいろいろありますが、自律神経失調症の疑いがある場合、どういった対策をすればいいでしょうか。