自律神経失調症で頻尿に・・・、改善するにはどうすれば?

自律神経失調症の主な症状のひとつに、頻尿という症状があります。本来は、水分をとりすぎるとトイレが近くなるものですが、あまり水分をとっていなくてもトイレが近くなるのが頻尿です。

 

頻尿という症状自体は、いろいろな原因が考えられ、年齢的なものであったり、膀胱炎などの感染症からくる頻尿というのもありますし、また、発表会などで緊張したときにもトイレが近くなることがあります。最近では、過活動膀胱というのもあって、膀胱が活動し過ぎてトイレが近いという人もいます。

 

 

自律神経失調症で頻尿になるのはどうして?

 

では、自律神経失調症になると、どうして頻尿という症状がでるのでしょうか。

 

自律神経失調症は、人間が日中に活動している間に優位になって働く交感神経と、夜間に休息をとっているときに優位になって働く、副交感神経の、優劣のバランスが崩れることによって起こります。人間の体は、交感神経が過剰に働いてしまうと、常に活動している状態や、緊張した状態が続いてしまいます。そのため、通常よりも体が緊張し、トイレが近くなるのです。

 

自律神経失調症は、主に、さまざまなストレスが原因でかかりますが、ストレスがかかり続けていると、それだけでも体が緊張し、頻尿になります。また、通常は、夜間に休息をとっている間は、副交感神経が働いて膀胱が大きくなるために、朝、起きるまでの間はトイレに行かなくても良いのですが、自律神経失調症にかかると、夜間も交感神経が働いてしまい、夜中にトイレに行くことが多くなるようになってしまいます。

 

 

自律神経失調症を改善しないと頻尿は治らない?!

 

もしも、最近、あまり水分をとりすぎてはいないのに、どうも頻尿ぎみであるというようであれば、自律神経失調症の可能性が考えられます。最近では、頻尿や、過活動膀胱のための薬も市販薬として販売されていますが、頻尿の原因が、自律神経失調症なのであれば、おおもとの原因を根本的に解決しなければ、頻尿は治りません。

 

頻尿になって、その原因が自律神経失調症であると診断されたら、ストレスなどの原因を取り除くこと、そして、乱れてしまった自律神経のバランスを整えることが、治療の第一歩です。

 

 

いろいろ調べたのですが、ストレスや自律神経のバランスを整えるのによい食材っていろいろあるんです。

 

中でも、元気もでて、ストレスの緩和なんかにも良いと言われているのがニンニク。元気モリモリの象徴のような食材で有名ではありますが...

 

普通に食べると臭いので、私はサプリを飲んでます。効果のほどは...

 

管理人やっこのサプリの効果実感レポート

 

にんにく

頻尿の症状は自律神経失調症が原因かも?!関連ページ

しびれ
自律神経失調症の症状の中にはしびれも含まれます。特に異常がない場合に、しびれが続くようならば、自律神経失調症の可能性があります。
めまい
自律神経失調症の不快症状の1つとして、めまいの症状も挙げられます。自律神経失調症のめまいは何が原因でおこるのでしょうか。
腰痛
ただの腰痛だと思っていたのに、その原因が実は自律神経失調症だったという事があるそうです。腰痛と自律神経失調症の関係とは。
肩こり
肩こりなんてほとんどの人が抱えている悩みで、しょうがないこと・・・なんて思っているあなた。なかなか解消されないその肩こりは実は自律神経失調症という病気のせいかもしれませんよ。
微熱
少し疲れた時や、体調が悪い時など、微熱を感じることがありますよね。しかし、微熱が続くというのは少し心配です。自律神経失調症になると、微熱が続くという症状が・・・
吐き気
自律神経失調症の症状のひとつに吐き気があります。日常でも吐き気を感じることはあるかもしれませんが、自律神経失調症の吐き気とどんな違いがあるのでしょうか。
筋肉痛
久しぶりに運動をすると筋肉痛になってしまうことはありますが、そんな覚えもないのに筋肉がこわばったり痛みがあるという場合、自律神経失調症の可能性が・・・
腹痛・胃痛
様々な症状が現れる自律神経失調症ですが、、原因不明の腹痛や胃痛が長引くという場合も要注意です。腹痛や胃痛などの不快症状が続くときはどうすればいいのでしょうか。