自律神経失調症で筋肉痛のような症状が起こるのはなぜ?

運動をした後の筋肉痛は、多くの人が経験したことがあるのではないかと思います。

 

しかし、自律神経失調症の主な症状にも筋肉痛というものがあります。激しい運動をしたわけでもないのに、筋肉がこわばる、痛みがある、という場合、自律神経失調症からくる筋肉痛の可能性があるようです。

 

 

自律神経は、交感神経と副交感神経が、おおよそ12時間交代で働いているそうです。交感神経が日中に優位になって働き、副交感神経が夜間に優位になって働くという、いわば交代制ということです。

 

ところが、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、交感神経が常に優位になって働く状態が続いてしまうのが、自律神経失調症ですね。

自律神経の乱れで勝手に筋肉が収縮?!

自律神経の乱れにより、交感神経が働きすぎてしまうと、血管や筋肉の収縮が起こり、血流が悪くなるそうです。働きすぎた交感神経によって、激しい運動をしたわけでもないのに、まるで激しい運動をしたような筋肉と血管の収縮が起こるということですね。

 

そして、本来は、体の疲れを癒したり、自然治癒能力を発揮するはずの、副交感神経があまり働かないために、激しい運動をしたような血管と筋肉の収縮が起こった筋肉は、疲労を溜めたままに。

 

それがずっと続いてしまうために、自律神経失調症にかかってしまうと、いわゆる筋肉痛と同じ現象が起こるということなんです。

 

 

風邪を引いた時も同じような現象がないですか?

これと同じ現象は、風邪をひいたりして、発熱したときにも起こることがあります。これも同じく、風邪をひいたために自律神経のバランスが崩れてしまい、交感神経ばかりが働きすぎて、同じく起こる現象と言われています。

 

シップをしたり、マッサージをしたりしても、筋肉痛がなかなか治らないのはこのためだったんですね。

 

ですので、自律神経失調症で筋肉痛の症状が続くという場合、これを解消するためには、風邪の原因である風邪菌を退治するように、原因である自律神経の乱れを改善をする必要があります。

 

原因不明の長期の筋肉痛が自律神経失調症だと分かったら、次は自分にあった治療方法について考えていきましょう。

 

 

『関連記事』

自律神経失調症のセルフチェックはこちら!


運動してないのに筋肉痛!?自律神経失調症かも・・・関連ページ

しびれ
自律神経失調症の症状の中にはしびれも含まれます。特に異常がない場合に、しびれが続くようならば、自律神経失調症の可能性があります。
めまい
自律神経失調症の不快症状の1つとして、めまいの症状も挙げられます。自律神経失調症のめまいは何が原因でおこるのでしょうか。
腰痛
ただの腰痛だと思っていたのに、その原因が実は自律神経失調症だったという事があるそうです。腰痛と自律神経失調症の関係とは。
肩こり
肩こりなんてほとんどの人が抱えている悩みで、しょうがないこと・・・なんて思っているあなた。なかなか解消されないその肩こりは実は自律神経失調症という病気のせいかもしれませんよ。
微熱
少し疲れた時や、体調が悪い時など、微熱を感じることがありますよね。しかし、微熱が続くというのは少し心配です。自律神経失調症になると、微熱が続くという症状が・・・
吐き気
自律神経失調症の症状のひとつに吐き気があります。日常でも吐き気を感じることはあるかもしれませんが、自律神経失調症の吐き気とどんな違いがあるのでしょうか。
頻尿
頻尿の原因はいろいろありますが、自律神経失調症の場合でも頻尿の症状が出ることがあります。なぜ頻尿になるのか?また改善するにはどうすればいいのでしょうか。
腹痛・胃痛
様々な症状が現れる自律神経失調症ですが、、原因不明の腹痛や胃痛が長引くという場合も要注意です。腹痛や胃痛などの不快症状が続くときはどうすればいいのでしょうか。