自律神経失調症でめまいが続く?!その原因って・・・

自律神経失調症には、さまざまな精神的症状、身体的な症状があらわれます。なかでも、比較的多い身体的な症状として、めまい、があげられます。

 

めまいという症状自体は、経験したことのある人も少なくないと思いますが、例えば急に立ち上がったときや、夏場の暑い中での立ちくらみのようなめまいもありますし、熱があるときなどにも起こるものです。

 

では、自律神経失調症でのめまいは、どのようなことが原因でおこるのでしょうか。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経のふたつからできていますが、このふたつのバランスが崩れると、自律神経失調症になってしまいます。自律神経のバランスが崩れるというのは、主に、副交感神経よりも、交感神経の方が優位になった状態が続いていることをさします。

 

交感神経の働きが過剰になると、人間の体は、血管や筋肉の収縮がおこり、血流が悪くなるのです。これは、体の一部ではなくて、全身で起こる症状です。めまいの起こる原因としては、耳の中の、三半規管という、体のバランスをつかさどっている器官に異常がおこると、めまいが起きると言われています

 

例えば、三半規管内に結石ができたりすると、四六時中、めまいにおそわれるという症状の病気になったりします。そのような、体のバランスを取るための器官である、大切な、三半規管も、自律神経失調症になって、血流が悪くなると、めまいを起こします。

 

めまいだけでは自律神経失調症の判断が遅れることも

 

ところが、実際には自律神経失調症が発見されにくい原因として、ひとつは、めまいという症状が、わりと体に起こりやすい症状であるということと、もうひとつは、自律神経のバランスが崩れたために、血流が悪くなり、三半規管に影響を及ぼして、めまいが起こるという原因自体がなかなかわかりづらいために、症状である、めまい自体が注目されて、もともとの原因が見過ごされやすいことから、自律神経失調症であるということの発見が遅れる原因ともなっています

 

特に熱もなく、立ちくらみのようなものと違う、めまいの症状があらわれたのであれば、耳の中の器官に異常はないかどうか、自律神経失調症の可能性はないかどうか、一度調べた方が良いでしょう。

自律神経失調症でめまいが起こるのはどうして?関連ページ

しびれ
自律神経失調症の症状の中にはしびれも含まれます。特に異常がない場合に、しびれが続くようならば、自律神経失調症の可能性があります。
腰痛
ただの腰痛だと思っていたのに、その原因が実は自律神経失調症だったという事があるそうです。腰痛と自律神経失調症の関係とは。
肩こり
肩こりなんてほとんどの人が抱えている悩みで、しょうがないこと・・・なんて思っているあなた。なかなか解消されないその肩こりは実は自律神経失調症という病気のせいかもしれませんよ。
微熱
少し疲れた時や、体調が悪い時など、微熱を感じることがありますよね。しかし、微熱が続くというのは少し心配です。自律神経失調症になると、微熱が続くという症状が・・・
吐き気
自律神経失調症の症状のひとつに吐き気があります。日常でも吐き気を感じることはあるかもしれませんが、自律神経失調症の吐き気とどんな違いがあるのでしょうか。
頻尿
頻尿の原因はいろいろありますが、自律神経失調症の場合でも頻尿の症状が出ることがあります。なぜ頻尿になるのか?また改善するにはどうすればいいのでしょうか。
筋肉痛
久しぶりに運動をすると筋肉痛になってしまうことはありますが、そんな覚えもないのに筋肉がこわばったり痛みがあるという場合、自律神経失調症の可能性が・・・
腹痛・胃痛
様々な症状が現れる自律神経失調症ですが、、原因不明の腹痛や胃痛が長引くという場合も要注意です。腹痛や胃痛などの不快症状が続くときはどうすればいいのでしょうか。